プログラミング未経験者必見!学習する言語を決めよう!

Uncategorized

 

「プログラミングをやろうとしたはいいけど、言語が多くて何から始めればいいかわからない…」

「ゲームアプリが作りたいけど何の言語を学んだらいいんだろう…」

そんな疑問をもっていませんか?

この記事を読んだらそんな疑問も消し飛びます!

この記事では

そのプログラミング言語では何ができるのか

そのプログラミング言語は誰におすすめなのか

主に上記のことをまとめました。

ぜひこれからのプログラミング学習に生かしてください!

>>プログラミング未経験者必見!学習する言語を決めよう!

それぞれの言語を紹介してきます。

HTML・CSS


James OsborneによるPixabayからの画像

HTMLはwebページなどを作成する際の一番基本となる言語です。
それに対しCSSは、HTMLでかかれた文字、文章またはwebページの構造を整える役割があります。

この言語は次のような人が一番最初に勉強しなければいけない言語です。

・webページを作っていきたい

・基本的で簡単な言語からやってみたい

HTML・CSSを習得することは他の言語に比べて簡単なため、未経験者がプログラミングの初学習として学ぶ場合が多い印象です。

JavaScript


AlltechbuzzによるPixabayからの画像

JavaScriptとはwebページ上で動作するプログラムのことです。現在webサービスのあらゆるところに使われている言語です。

HTML・CSSは文字や写真を表示してくれますが、それだけでは不便と感じることがあります。

JavaScriptはwebページ上の文字や画像を拡大してくれたりカーソルをあてるとメニューを開いてくれたりする機能を持たせます。

この言語は次のような人におすすめの言語です。

・HTML・CSSを一通り勉強してしまった

・アプリをつくること視野に入れて本格的にプログラミングをしたい

・webデザイナーになりたい

JavaScriptはHTML・CSSと違って独学で挫折しやすいです。つまずいたときは学習方法を工夫するなどしてみましょう。

Java


b1-fotoによるPixabayからの画像

Javaは言語が使用されている具体例をみてみるとわかりやすいかもしれません。

・家電製品
・業務システム
・webアプリ
・webサイト
・ゲーム

ちなみにあのMinecraftもJavaによって作られています。

この言語がおすすめなのは

・仕事に直結するプログラミング言語を学習したい

・ゲーム開発がしたい

開発環境に影響されないという特徴も持つJavaですが、プログラミング初学者向けではないかもしれません…

ですが企業的な人気が高い言語なので、ある程度基本的な言語に触ってから学習するのであれば価値があります!

PHP


Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像

PHPは動的なWebページ生成に使われる言語です。

HTMLが静的なWebページ生成であるのに対してPHPは動的なwebページ生成を可能にします。

つまり、webページを更新した時ユーザから入力された内容次第でwebページの表示が変わることを実現できるということです。

実際にPHPが使われているサイトのいくつかの例を紹介します。

・Facebook
・ぐるなび
・Wikipedia

PHPがおすすめな人は

・掲示板・SNSサイトをつくってみたい

・プログラミング初心者でHTMLを学習した

PHPは文法がシンプルでプログラミング初心者にはおすすめの言語です。
HTMLと合わせることでHTMLで表示されているwebページに動的な要素を付加することができます。

C言語

C言語はシステム開発の基礎と言われる言語です。

そう言われるだけあって、OS開発、スマートフォンアプリ、機械制御、AIなど多岐にわたります。

この言語を勉強するべき人は

・最先端の分野(AIなど)に挑戦したいと考えている人

・プログラミングの基礎をしっかり学びたい人

C言語は機械制御に扱われる言語のため、文字(スクリプト)を扱う言語よりも難しいとされています。
しかし、歴史の長い言語であり、基礎からプログラミングを学びたい人向けの言語でもあります。

Python

PythonはWebアプリケーションを制作できる言語である一方、最先端分野にも使われている言語です。

Pythonの活用事例は

・YouTube
・Instagram
・Dropbox

サーバ側の処理、フレームワークを使ったサイト構築などを行なっています。

Pythonがおすすめな人は

・ゲーム・アプリケーションの開発がしたい人

・AI,人工知能分野に興味がある人

・プログラミング初心者

Pythonは他の言語と比べても難易度が低い部類に入る言語です。

また国内に普及しきっていないこともあって需要があります。希少価値の高いプログラマーになるためにも学習してみてはいかがでしょうか。

Ruby

Rubyはフレームワーク(枠組み)を通してさまざまなWebアプリケーションの開発ができます。

Pythonと共通点が多いですが、Rubyが得意とするのはWebサイトなどを構築することです。

実際にどのようなところに使われているかというと

・アプリケーションサイト
・ショッピングサイト
・SNSサイト

この言語がおすすめなのは

・Webアプリケーション、サイトを作成したい

・汎用性のあるプログラミング言語を学習したい

・就職・転職のためにプログラミングを学んでおきたい

・プログラミング初心者

RubyはPythonと同様に初心者が取り組みやすい言語です。

開発者が日本人ということもあって、Webアプリケーションの開発などを通してプログラミングを学ぶには最適の言語です!

まとめ

今回は主要なプログラミング言語について解説してきました。

それぞれの言語に向いている人をまとめておきます。

HTML・CSS

・webページを作っていきたい
・基本的で簡単な言語からやってみたい

JavaScript

・HTML・CSSを一通り勉強してしまった
・アプリをつくること視野に入れて本格的にプログラミングをしたい
・webデザイナーになりたい

Java

・仕事に直結するプログラミング言語を学習したい
・ゲーム開発がしたい

PHP

・掲示板・SNSサイトをつくってみたい
・プログラミング初心者でHTMLを学習した

c言語

・最先端の分野(AIなど)に挑戦したいと考えている人
・プログラミングの基礎をしっかり学びたい人

Python

・ゲーム・アプリケーションの開発がしたい人
・AI,人工知能分野に興味がある人
・プログラミング初心者

Ruby

・Webアプリケーション、サイトを作成したい
・汎用性のあるプログラミング言語を学習したい
・就職・転職のためにプログラミングを学んでおきたい
・プログラミング初心者

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

ぜひ今後のプログラミング学習に生かしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました